データ解析環境Rの整備と利用  ページ一覧  検索  更新履歴  PageRank  RSS  ログイン

2013年度 データ解析環境Rの整備と利用

ページを編集するにはログインが必要です。

2013年度統計数理研究所共同研究集会「データ解析環境Rの整備と利用」

2013年度統計数理研究所共同研究集会「データ解析環境Rの整備と利用」を、下記の日程で開催致します。興味のある方は、ぜひご参加ください。
中谷 朋昭(北海道大学)、中野 純司(統計数理研究所)
日程
2013年11月29日(金)-11月30日(土)
場所
統計数理研究所(東京都立川市)3階 セミナー室1
参加費
無料
参加登録
不要
国内ユーザによる報告(11月30日)は、Ustreamによるネット中継を予定しています。
配信は、こちらのページより(終了しました)。

11月29日: 海外ゲスト講師によるチュートリアル講演 (英語)

場所
3階 セミナー室2 セミナー室1(変更になりました)
Speaker
Professor Duncan Murdoch
(Department of Statistical & Actuarial Sciences, University of Western Ontario, Canada)
Materials for the tutorial
downloadable here
Time Table
10:00-10:55 Reproducible Research in R. Part I: using Sweave
11:05-12:00 Part II: Advanced Sweave, including patchDVI and RStudio
13:00-13:55 What's New in R 3.0.x
14:05-15:00 Beautiful tables in R: the tables package.
15:10-16:05 Writing Package Vignettes
16:05-16:20 discussion
Contents

Reproducible Research in R. (10:00-12:00)

Part I: using Sweave (10:00-10:55)
Sweave is a literate programming tool for R, allowing R code to be
embedded in a LaTeX document.  When Sweave processes the document, the
code is run, and output (including graphics) is automatically embedded.
This allows documents to be produced in a way which allows readers
to reproduce all of the computations, allowing them to be better
understood and verified.

In this talk I will give an introduction to reproducible research and
Sweave.
Part II: Advanced Sweave, including patchDVI and RStudio (11:05-12:00)
This talk continues part I, discussing more advanced features in
Sweave, and my patchDVI package.  The patchDVI package helps
you when developing Sweave documents.  It creates links between the
resulting .dvi or .pdf file and the Sweave source file, facilitating
editing and modification.  It also adds support for multi-file projects.
The RStudio editor implements similar functionality in an
integrated development environment.

What's New in R 3.0.x (13:00-13:55)

R version 3.0.0 was released in April. In this talk I will describe the
R release practices, and give some details about the 3.0.x series:
 - large vectors
 - detailed parse information
 - more flexible definition of vignettes
Plans for the future will also be discussed.

Beautiful Tables in R: the tables Package (14:05-15:00)

Tables are an old, boring topic:  everything there is to say about them was
said by Ehrenberg (JRSS A, 1977).  But they are under attack, e.g. Gelman's
tongue-in-cheek ``Why tables are really much better than graphs'' (JCGS, 2011),
because there are so many badly produced tables in published papers. The
tables package is an effort to counteract this, to make it easy to
produce good tables.  It uses a formula interface to describe the table
(reminiscent of PROC TABULATE in SAS), and produces ASCII, CSV or
LaTeX output.

Writing Package Vignettes (15:10-16:05)

One of the best ways to write general documentation for a package
is to write a package vignette, using Sweave or another literate
programming system.  In this talk I will describe the process of
writing vignettes, including the new additions to R that allow them
to be written for either PDF or HTML output.
注意
講義室では持ち込んだノートパソコンが使えます。

11月30日(土)国内ユーザによる報告

Ustreamによる配信はこちらから(終了しました)。
中澤先生による各報告のまとめはこちら。

場所
3階 セミナー室1
※第一報告と第四報告が、当初のスケジュールから変更になっています。
9時25分−9時30分
開会挨拶および諸連絡
09時30分−09時55分 合崎英男(農村工学研究所)
RによるBest-Worst Scaling(報告スライド Aizaki.pdf
09時55分−10時20分 中間栄治(Com-One)・中野純司(統数研)
ハイパフォーマンスコンピューティングのためのRhpcパッケージ
10時20分−10時45分 奥村晴彦(三重大)
TeX Liveと美文書第6版とR(報告スライドhttp://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/Rmeeting13.pdf
10時45分−11時00分 休憩
11時00分−11時25分 中谷朋昭(北海道大)
仮想状況評価法のためのパッケージDCchoice(報告スライド Nakatani.pdf
11時25分−11時50分 小池祐太・野村亮介(東京大院)
Rによる確率過程の統計解析(報告スライド Nomura_Koike.pdf
11時50分−13時00分 昼食
13時00分−13時25分 谷村晋(兵庫医科大)
Rによる多変量疾病地図(報告スライド Tanimura.pdf
13時25分−13時50分 中澤港(神戸大)
人口モデルに基づくウクライナの人口予測(報告スライドhttp://minato.sip21c.org/presen20131130s.pdf
13時50分−14時15分 中野康人(関西学院大)
日刊新聞読者投稿欄の計量テキスト分析(報告スライド Nakano_y.pdf
14時15分−14時30分 休憩
14時30分−14時55分 藤野友和(福岡女子大)
Rによるインタラクティブグラフ生成とその応用(報告スライド Fujino.pdf
14時55分−15時20分 鈴木了太(ef-prime)
データ解析のためのR GUIフロントエンド(報告スライドhttp://www.ef-prime.com/news/131130/R_user_20131130.pdf
15時20分−15時45分 神田善伸(自治医科大)
Rコマンダーに多彩な解析メニューを追加したEZR(Easy R)の開発(報告スライド Kanda.pdf
15時45分−16時00分 休憩
16時00分−17時00分 Japan.R Lightning Talk 大会
Japan.Rから5名の若手による実践報告
17時00分− 総合討論・閉会挨拶
注意
講義室では持ち込んだノートパソコンが使えます。
統計数理研立川キャンパスについて
  • アクセスなどは統数研のホームページ をご覧ください。
  • 近隣にはレストラン、コンビニなどはほとんどありません。昼食は立川駅などで買ってこられることをお勧めします。なお、平日のお昼頃には、研究所の入口のところで弁当の出張販売があります。
  • 本案内はご自由に転載・転送していただいてかまいません。
更新日時:2013/12/18 16:40:04
キーワード:
参照:[データ解析環境Rの整備と利用]